劇団BDP
児童劇団「大きな夢」  
代表 青砥洋(あおと よう)

NHK放送劇団~劇団昴を経て劇団四季へ。
四季でのミュージカル体験を生かして平成5年、児童劇団「大きな夢」を結成。
平成13年には児童劇団を卒業した高校生以上を受け入れるために劇団BDPを立ち上げる。
全般の演技指導や演出を担当。

児童劇団「大きな夢」は1993年に10人の子どもたちで発足しました。それが徐々に各地に広がり現在では北海道から九州までの全国組織として活動している日本で唯一の子どものためのミュージカル劇団となりました。そして各地で毎年ミュージカルを上演し、地域の文化発展にも貢献し活動の実績が認められるようになってきました。その各地域を結ぶ独自のネットワークによって相互の賛助出演など劇団員の交流が盛んになりミュージカルの創作活動を通して他に類を見ない強い絆で結ばれております。


児童劇団「大きな夢」はプロを養成する劇団でもなければ、営利を目的とした商業主義的劇団でもありません。ミュージカルを通して子どもに内在する無限の可能性を引き出すことに努め、舞台に立つことによって得られた達成感が自信にも繋がって大きく成長するという学校教育では学べない様々な体験の場としての効果を上げております。


子どもが好きで夢中になることの中にこそ真の才能があると私たちは見ています。その才能を引き出し伸ばしてやるのが本当の教育である筈なのに、通り一遍の学力を身につけるだけで終わらせてしまう学生生活はとても勿体ない気がしてなりません。例えば芸術に打ち込んでいても学校の成績が落ちない子はたくさんいますし、出来る子は何をやっても出来ています。好きなことに打ち込みながらも勉強しなければならないのが学生であり、そのくらいの集中力や努力を学生時代にはさせなければなりません。勉強しながらもいろいろなことを体験し、考え、スポーツに親しみ芸術に触れて感性を磨きながら徐々に自分の進路を決めていけばいいのです。


「子どもミュージカル」は各人の能力に合ったやり方で指導しています。歌、ダンス、演技と夫々持っている才能は違っても、可能な限りの努力をすることによって一人ひとりの成果を見ることができます。


  年に一度必ず各地で本公演を行いますが、脚本、演出、音楽、振付け、歌唱指導、照明、音響、舞台美術、ヘアーメイク、制作プロデューサーなど全て大人のプロのスタッフと一緒になってミュージカルを創っていきます。このことがまた子どもたちにとって計り知れない学びの場になっています。大人や先輩に対する挨拶や礼儀など普段なかなか接することのできない大人との交流は子どもたちを一回りも二回りも大きくしていきます。
このような贅沢とも言える各地での公演は児童劇団「大きな夢」特有のネットワークがあるからこそ出来ることなのです。


  子ども達はダンスのステップが踏めるようになり、大きな声ではっきり発音できるようになり、明るい笑顔で楽しく歌えるようになって、みるみる輝いていきます。みんなで創り上げた作品は独特のチームワークと結束によって堅い絆で結ばれ、公演を成し遂げた達成感からやれば出来るという自信にも繋がり、日常の生活にも更に積極性が備わってきます。


  私達の指導方法は最高の位置を目指して目標を掲げ、少年野球で言えば大リーガーを目指せる技術と環境を提供できる場にしようと「大きな夢」を共々描きながら進んでいます。そのための成果は驚くべきもので、東京での一流の舞台で主役や準主役に選ばれた者、劇団四季や宝塚に進んだ者など優秀な人材を輩出できる劇団にもなってきました。これからの益々の発展が楽しみになってきました。

​劇団BDP 児童劇団「大きな夢」 代表 青砥 洋

代表ごあいさつ

代表ごあいさつ